Web制作ネタを中心に、ネット上の様々な情報をゆる~く発信する個人ブログです

KuzLog

2018/10/17 2018/10/17 フォント

昔のTwitter風ロゴが作れるフリーフォント「Pico-Alphabet」を紹介

今更感に溢れていますが、懐かしくなっちゃったので記事にします。

皆さんは6年前のTwitterのロゴを覚えていますか?これです。

この特徴的な丸っこい文字、今はもうTwitter内のどこにも使われていないんですよね…なんかすごく悲しい。

Pico-Alphabet

この「Pico-Alphabet」というフォントは2001年(!)から配布されているらしいですが、昔のTwitterロゴの文字はこのフォントをベースに作られているらしいです。

サンプルを用意しましたが、1文字目の「t」と「e」以外はPico-Alphabetがそのまま使われていますね。

この通り、縁取りアリVerとナシVerの2種類が用意されています。大文字と小文字の区別はありません。

ロゴデザインやTwitter関連のWebサービス等を作る際に使えそうですが、一部の文字は視認性がかなり悪いので、少し手を加える必要がありそうですね。特に数字が読めなすぎてヤバい。

ダウンロードは下記のページの下の方から。

フリーフォントですが、フォントデータの改変や再配布は当然禁止されているのでご注意を。ついでに商用利用の際は連絡が必要なので、ここらへんの規約もしっかり確認するように!