Web制作ネタを中心に、ネット上の様々な情報をゆる~く発信する個人ブログです

KuzLog

2018/01/16 2018/01/16 雑記

現役ゲーセン店員だけど、すぐに「これ詐欺だろ!」とか言うのやめてほしいって話

昨年末、複数のゲームセンターを運営するアミューズメントトラストという会社が、取れない設定にしたクレーンゲームを客に遊ばせ、詐欺容疑で逮捕されて話題になりました。

ホントやってくれましたね。同業者からしたら迷惑極まりない話です。

あの騒動以降、お客様に

「アーム弱すぎだろ、詐欺じゃねーのか?」
「全然取れないんだけど、これ今話題のアレなんじゃないの?」
「この店も取れないようにしてるんだろ?」

…的な事を多々言われるようになりました。

最初に言っておきますが、ほとんどのゲームセンターはそんなバカみたいな設定にはしていません。

そもそもあの店は違法

あまり知られていないんですが、「遊技の結果に応じて賞品を提供する」という行為自体、風営法では認められていません。ん?てことはクレーンゲームって全部違法じゃね?となりそうですが、風営法の解釈運用基準の資料に以下の一文があります。

遊技の結果が物品により表示される遊技の用に供するクレーン式遊技機等の遊技設備により客に遊技をさせる営業を営む者は、その営業に関し、クレーンで釣り上げるなどした物品で小売価格がおおむね800円以下のものを提供する場合については法第23条第2項に規定する「遊技の結果に応じて賞品を提供」することには当たらないものとして取り扱うこととする。

簡単に言うと「800円までならいいよ」ってことです。ちゃんと風営法の規則に則って営業しているゲームセンターなら、絶対に800円を超える景品は置いていません。さらに細かく言うと、クレーンゲームはアームを操作するゲームであって、景品はアームを動かした際に貰えるかもしれない粗品という扱いです。

摘発されたあの店では「ゲーム機」「タブレット端末」「セグウェイ的なもの」などなど、明らかに800円を大きく超えるような額の景品を使っていたようなので、その時点で完全に真っ黒

取れない設定でも別に違法ではない

これもあまり知られていないんですが、クレーンゲームは景品が取れなくても違法ではありません。あくまでお客様はクレーンゲームを操作することに対してお金を払っているという体なので、景品を絶対に届かない位置に置こうがアロンアルファで固定しようが問題無し。

あの店が摘発されたのは、絶対に景品が取れない設定の台を「次こそ取れますよ!」などと言って客を騙したからです。どんなに激ムズだろうが取れる可能性が0じゃない、もしくは「取れますよ」なんて言わなければ詐欺にはならなかっただろうに…まぁ風営法無視して高額商品置いてる時点でアウトですが。

“激ムズ”と”絶対に取れない”の差

“激ムズ”と”絶対に取れない”の差について話す前に、確率機について説明します。これは知ってる人も多いとは思いますが、規定の金額orプレイ回数に到達しないと景品が取れないゲーム機の事です。

デカクレ

よくゲーセンに行く人なら一度は見たことがあると思いますが、これも確率機です。

例えば店が「30」という設定をしたら、30回+5回目(なぜ+5回なのかは不明)のプレイでようやくアームパワーが最大になり、景品が獲得できるようになります。ちなみに35回目のプレイで失敗すると、次は40回目・45回目・50回目…と、5回刻みでアームパワーが最大になります

規定回数に到達するまでのプレイは、店側の設定した「景品を持ち上げるパワー」「上に到達したときのパワー」で遊ぶことになります。最初は持ち上げるのに、上までいくと絶対に落としちゃうというのは「上に到達したときのパワー」が低く設定されているからです。

では、この規定回数をデカクレで設定できる最大の数値「99」にしたらどうでしょう?少なくとも99+5回(100円1プレイなら10400円)使えばアームパワーが最大になるので、景品は獲得出来ますよね?「頑張れば取れますよ!」と言っても詐欺にはなりません

では、このデカクレを改造して規定回数を「∞」にしたらどうでしょう?設定上は永遠に取れないということになるので、もしかしたら詐欺で訴えることが出来るかもしれません(そんな改造してる店ないと思うけど)。「もしかしたら」というのは、一応規定回数に到達していなくても景品が跳ねて落ちたりタグに引っかかって落ちたりすることもあるので、その主張が通るなら店の勝ちかなぁと…

さて、デカクレの場合は「絶対に取れない」とは言い切れない微妙な感じですが、こっちはどうでしょうか。

ファンファンタジア

これも有名な確率機です。摘発されたあの店が高額商品を入れていたゲーム機ですね。

棒を穴に挿したら景品GETといういやらしいゲーム機ですが、これも規定回数に到達するまでは棒の位置がズレて穴に挿さらないようになっています。

先程のデカクレと違って、ランダム要素が全く無い完全なデジタル制御なので、改造して規定回数を「∞」にしたらマジで永遠に取れなくなります。これを「頑張れば取れますよ!」なんて言ったら詐欺ですね。

バーバーカット

ハサミで紐を切ったら景品が落ちてくるという台ですが、これもファンファンタジアと同じで規定回数に到達するまではハサミの位置がズレます。改造されたら取るのは不可能です。


このように、改造されたファンファンタジアやバーバーカットは絶対に取れない設定にすることが可能ですが、デカクレや普通のクレーンゲーム機は1mmでも景品が動いているなら(落とし口を塞いだりしない限り)絶対に取れない設定だ!と言い切るのは難しいです。

そもそも”絶対に取れない設定”にするメリットは無い

あの店のように違法な高額商品を置いていない限り、たかが800円の景品を取られても店は痛くも痒くもありません。もちろん慈善事業じゃないのである程度の利益は出さなきゃいけない訳ですが、だからと言って景品を全く取れない設定にするなんてバカな事は普通はやりません。そんな事をすると…

  • クレーム対応が面倒
  • 誰も遊ばなくなって不良在庫が増える
  • 店の評判が悪くなる

何も良いことはありませんね。だからほとんどのゲームセンターは景品を適正な価格で獲得できるように設定しています。

結局何が言いたいかって

改造して規定回数を「∞」にした確率機じゃない限り、景品が取れないのは規定回数に到達していない、もしくはお客様の実力が足りていないだけなので、すぐに「取れねえ!詐欺だ!」とか言うのはやめようね!そもそもクレーンを操作する事に対してお金を取っているだけなので、景品が取れなくても違法じゃないからね!って話です。

あ、あと実際には1000円くらいしか使っていないのに「もう5000円も使ってるんだぞ!」とか言ってくる人が結構いるんですが、あれ中のデータ見たらすぐバレるからやめてください。恥ずかしいですよ。