Web制作ネタを中心に、ネット上の様々な情報をゆる~く発信する個人ブログです

KuzLog

2018/01/03 2018/10/05 雑記

北海道に来たら絶対に飲んでほしい「ガラナ」とかいう危険な飲み物

せっかく北海道に生まれたんだから、北海道限定の炭酸飲料「ガラナ」について色々書いてみました。後半は各ガラナのレビューもあるよ!

ガラナってなに?

正しく言うと「ガラナ飲料」で、こんな感じのコーラみたいな見た目の飲み物です。

画像はキリンガラナというキリン株式会社が発売してるガラナで、この他にもコアップガラナガラナエールなど、色々な種類があります。

色々なメーカーから発売されている炭酸飲料で、北海道ならコンビニやスーパー、自動販売機などで普通に売っています。一応道外でも売っている場所があるらしいですが、かなりレアだとか。

ちなみに原材料のガラナの実はこんな見た目をしています。

悪魔の実かな?原産地はアマゾン川の流域らしいです。

どんな味がするの?

ザックリいうとフルーティなエナジードリンクです。若干薬っぽい甘みがあるので、好き嫌いは分かれるかもしれません。

また、カフェインが多く配合されているのでエナジードリンクと同じように集中力アップ眠気覚ましの効果があります。

なんで北海道でしか売ってないの?

元々は1921年にブラジルで生産が開始された飲料なんですが、色々あって日本でも販売が開始され…

日本では1958年、アメリカのコカ・コーラに対抗するため、全国清涼飲料協同組合連合会が開発した。特にコカ・コーラの製造が他の都府県に比べ遅かった北海道では、コーラ飲料より一足先に普及した。全国をコカ・コーラ等大手飲料水メーカーが席巻し都府県の中小飲料メーカーが廃業する中でも、北海道では根強い人気を持ち、その名残として未だに中小メーカーや大手飲料メーカーが北海道限定品として販売している物が多い。

…という理由があって、今は北海道でしか気軽にガラナを購入できないという状況になったわけです。こんなに美味しいのに…

管理人的ガラナレビュー

ここからは管理人Leo(@Akamaru12mg)のガラナレビューです。個人の主観なので参考程度にどうぞ。

キリンガラナ

甘さ
フルーツ感
薬っぽさ
オススメ度

北海道に生まれて25年間、色々なガラナを飲んできましたが、キリンガラナが一番飲みやすいガラナだと思います。さすが大手飲料メーカーだ。もちろんガラナ特有の薬っぽい独特な甘みはあるものの、次から紹介するガラナと比べるとかなり抑えられているという印象です。

「まだガラナを飲んだことがない」という方のガラナデビューにおすすめの一本。

コアップガラナ

甘さ
フルーツ感
薬っぽさ
オススメ度

ブラジル大使館の指導のもとに作られたという、日本人向けガラナの第一号がこのコアップガラナです。キリンガラナと比べるとかなり薬っぽい味なので、この味が好きかどうかであなたが「ガラナ好き」かどうかが分かります。

Leo(@Akamaru12mg)はキリンガラナの次に好きなんですが、初心者の方にはあまりオススメしません。

ガラナエール

甘さ
フルーツ感
薬っぽさ
オススメ度

セイコーマートで売っているガラナです。上の2つと違って蜂蜜が含まれているので甘みが強く、未知の果物を食べたような後味が残ります。

癖の強さはキリン以上コアップ以下といった印象なので、初心者の方にもそこそこオススメです。

ガラナ ブラックアウト

甘さ
フルーツ感
薬っぽさ
オススメ度

ドン・キホーテでしか売っているのを見たことがないんですが、一応ガラナ飲料?なのかな…
飲んでみると完全にエナジードリンクで、上で紹介したガラナとは全く違う味です。系統としてはモンスターエナジーに近いかもしれない。

ぶっちゃけめちゃくちゃ好きなんですが、これをガラナとしてオススメできるか?と言われると「No」なので星1つ。

最後に

全盛期は一ヶ月に30Lくらいキリンガラナを飲んでいた身からすると、こんなに美味しい飲み物が北海道限定なんて信じられない…って感じです(マジ)。エナジードリンク中毒と同じようなもんですが、この子はまだ身体に優しいから多分大丈夫。

もし北海道に旅行に来ることがあったり、北海道物産展などでガラナが売っているのを見かけたりしたら、是非一度飲んでみてください!