Web制作ネタを中心に、ネット上の様々な情報をゆる~く発信する個人ブログです

KuzLog

2019/04/06 2019/07/21 ブログ運営

【検証】ブログの更新を143日間サボるとアクセス数はどれだけ減るのか?

お久しぶりです。生きてます。

さて、前回の投稿から143日も経過した訳ですが、これは「ブログの更新をサボるとPVがこんなに減るんだぞ!」というテーマの記事を執筆するためにわざとサボっていただけで、決してスマブラに夢中になっていたわけではありません。

それじゃ、サクッと検証結果を見てみましょう。

142日も更新をサボるとこうなるぞ!

Analyticsのスクリーンショットは公開しちゃダメ!みたいな風潮ありましたけど、なんか載せても大丈夫だよ的な記事を見たので載せちゃいますね。

減ってないね?

一箇所ガツンとPVが落ちてる週がありますが、そこは年末年始なので仕方ないです。

なんで年末年始はアクセスが減るの?

うちのブログはWeb技術系のネタを扱った記事が多いので、Web屋さんがお休みになる年末年始やGW、あと土日祝日もアクセスがめちゃくちゃ減るよ

年始を乗り越えた後にグイッとアクセスが伸びてるのは、検索順位の変動があったんでしょうか?嬉しい。

それから現在までは現状維持ってところでしょうか。まぁ減ってはいないですよね。

アクセス数の落ちにくい記事とは

さて、普通に考えれば更新を怠るとアクセス数は下がっていくものですが、場合によってはかなり長期間放置しても現状維持~微減に抑えられるということが分かりました。

うちのブログがそのパターンだった訳ですが、アクセス数が落ちなかった理由を考えると、多分この2つです。

  • 競合が少ないジャンルで上位表示されている
  • 一過性のネタじゃない

競合が少ないジャンルで上位表示されている

まずはこれ。

競合が少ないということは、一度上位表示さえされてしまえば順位の変動が起こりにくいということです。敵が多いと順位の変動が激しくなるため、定期的にリライトをしたり、ブログ自体のドメインパワーを下げないために記事をしっかり更新する必要が出てきます。

うちのブログはそこそこのワードで長期間検索上位をキープできているので、まぁ特にメンテしなくてもいいかな~って感じですね。意識が低い。

一過性のネタじゃない

次にこれ。

芸能関係の時事ネタや新作ゲームの攻略記事などを扱う「トレンドブログ」というジャンルは、一時的にはアクセスを集めやすいですが旬が過ぎると一気にアクセスが落ち込みます。更新サボったら死ぬ系ですね。僕には無理です。

それに比べ、うちが扱っているような技術系のネタは、めちゃくちゃ賞味期限が長いんですよね。新技術が登場したり代替テクニックが考案されたりすればアクセスは減ってしまうと思いますが、それまでは延々とアクセスがあるはず。

トレンドブログは短時間で一気にアクセスを稼ぐ短距離ランナー、技術ネタはマラソン選手みたいなもんです。

検証結果

  • 更新を143日サボってもアクセスは減らなかった
  • 検索順位の変動も少なかった
  • スマブラを買ってはいけない

以上。